CrowdScopeのデータをTwitterに投稿する手順

CrowdScopeのデータを指定した時間に自動で投稿する機能の手順です。

​いくつかの技術的な手順をお客様に実施していただきますが、

​手順はカンタンです。

【注意】下記手順によって発行されたIDは第三者に漏れないよう、取り扱いには十分にご注意ください

​設定手順

IFTTTでアカウントを新規登録する

 

お手持ちのパソコンのブラウザから(https://ifttt.com/)にアクセスし、

アカウントを新規登録してください。

IFTTTとは?

様々なインターネットサービスを連携することが可能なWebサービスです。

セキュリティ等のプライバシーポリシーは以下を御覧ください。

​(https://ifttt.com/terms

Sign up をクリック

既にお持ちのSNSアカウントもしくはメールアドレスで登録してください。

​(画像下部のリンクから登録方法を切り替えられます)

IFTTTでトリガーを設定する

登録すると以下の画面が表示されます。​

​画面右上の「Create」をクリック

​「If This」右側の「Add」をクリック

検索欄に「webhooks」と入力し、「Webhooks」をクリック

画面下部の「Receive a Web request」をクリック

「Connect」をクリック

Event Nameに「db_upload」と入力し、「Create trigger」をクリック

※必ず「db_upload」と入力してください。

​「Then That」右側の「Add」をクリック

検索欄で「Twitter」と検索し、「Twitter」をクリック

画面左の「Post a tweet」をクリック

「Connect」をクリック

Twitterに投稿する文章を設定します。

​設定後、「Create action」をクリック

テキスト中、「Add ingredient」内の各Valueをクリックすることで、

テキストにデータを格納し投稿される仕組みです。

​各valueのデータ

Value1 施設名

Value2 人数

Value3 混雑ステータス

OccurredAt 現在時刻

【注意】各Valueは入力せず、「Add ingredient」から選択してください。

(テキストの例)

「Continue」をクリック

Applet Titleは任意のものを入力。

「Finish」をクリック

以下の画面から「Webhooks」のロゴがクリックできるのでクリックする

右上の「Documentation」をクリック

Your key is の後のキーをコピー(もしくはメモ)

​※下記のvalueを入力し、Test Itをクリックすると手動で投稿のテストも可能です。

​IFTTTの設定情報を送信する

 

設定登録ページにアクセスし、下記の情報を入力し送信ボタンをクリック

  • 施設ID

    • ​お渡ししている施設IDを入力してください

  • WebhookID

    • ​IFTTTから取得したWebhookIDを入力してください

  • 施設最大人数

    • ​施設の最大人数を入力してください

  • 投稿間隔

    • ​投稿する間隔を選択してください

  • 開始時刻

    • ​1日の投稿開始時間を選択してください

  • 終了時刻

    • ​1日の投稿終了時間を選択してください

  • ​投稿曜日

    • ​​投稿する曜日を選択してください

【注意】IFTTTの仕様上、1日に25ツイートが上限となっておりますので、

必ず25ツイート以内になるよう設定してください

​登録情報の確認

「登録情報の確認」ボタンをクリックし、以下の情報を入力することで登録情報が確認できます

CrowdScope uploaderの実行

CrowdScopeのアプリを実行することで、指定した時間に自動で密情報が投稿されます

  • Twitter
  • Facebook

0242-37-0123

福島県会津若松市インター西105

​​株式会社シンク

©2020 by CrowdScopeはWix.com で作成されました。